便秘・下痢・お腹の不調の事例紹介

当院を実際に利用された便秘・下痢・お腹の不調でお困りだったお客さまの事例をご紹介します。

以下の事例一覧からタイトルをクリックすると該当の事例がご覧になれます。

事例一覧

●寝起きの吐気の強い逆流性食道炎

(名古屋市 30歳代 男性 美容師)

●散歩すると胸やけゲップが止まらなくなる逆流性食道炎

(名古屋市 60歳代 男性 自営業)

●下痢が続くと不安症状が強くなる過敏性腸症候群(準備中…)

(名古屋市 20歳代 女性 主婦)

●便秘により生じた肌荒れ(準備中…)

(名古屋市 30歳代 女性 会社員)


寝起きの吐気の強い逆流性食道炎

名古屋市 30歳代 男性 美容師

昨年末から寝起きの胃のむかつき、吐き気、ゲップ、食欲不振が続いている。年明けの5月くらいから上記症状に加えてだるさや意欲の低下も増してきた。

食事も油物や肉類は食べることができず、いつも麺類しか食べtれない。

消化器内科でもらった薬では改善が図れなかったことから来院に至った。

【検査からの身体所見】

背中が亀の甲羅のように丸まっており、肩甲骨下部付近の脊柱起立筋の緊張が強い。

胸鎖乳突筋の鎖骨付近の緊張が強い

腹診の結果、肋骨やみぞおち付近に圧痛と緊張が強い。さらに、胃の中間付近にあたる腹部も圧すると不快感が強い。

当院での施術

●初診(5月26日)

・鍼施術:百会、太衝、合谷、曲泉、手三里、次リョウ、胞膏

⇒胸鎖乳突筋、腹部の緊張、横隔膜付近の緊張を緩める目的

 

●2診目(6月2日)・3診目(6月5日)・4診目(6月9日)・5診目(6月19日)・6診目(6月30日)

初診に同じ

※鍼施術ではその日の体調により使用するツボが多少変更

症状の分析と治療の推移

【症状の分析】

逆流性食道炎において問題となるのは肩甲骨下部の脊柱起立筋の緊張、胸鎖乳突筋、みぞおちや肋骨付近の緊張である。

これらの緊張を緩和することで胃の圧迫感が軽減していき、胃のむかつきや吐き気など胃の症状は軽減していく。

【治療の推移】

初回施術直後から背中の張りがスッキリした体感が得られた。その翌朝は胃のむかつきや吐き気が軽減していた。

施術3回目頃には肉類も食べれるようになり、食欲が向上してきた。色々なものが食べれるようになった反面、朝の胃のむかつき感が少し気になってきた。

夕食の時間が仕事の関係で22時以降になることが多かった。それが胃のむかつきを発生させていると分析し、食事時間や内容を変更したところ、上記症状が軽減した。

施術4回目くらいから、セルフケアにお灸を始めたことで症状の軽減ができるようになったので、施術5回目から日にちの間隔をあけるようにした。

施術6回目には症状も軽く、今後はセルフケアで自分で管理していく自信がついたことから治療を終了した。

※お灸によるセルフケアは治療の経過が良いことから、途中から始めたものであり、セルフケアだけで治療が完結できるものではありません。


散歩すると胸やけゲップが止まらなくなる逆流性食道炎

名古屋市 60歳代 男性 自営業

数か月前から散歩中にゲップとみぞおちに強い胸やけが出るようになり、喉が締め付けられたようになり時に動けなくなる。

特にゴルフに出かけると上記の症状が強く出る。

病院で逆流性食道炎と診断されて、投薬を続けているが改善がみられないため、当院に来院された。

【検査からの身体所見】

背中が亀の甲羅のように丸まっており、肩甲骨下部付近の脊柱起立筋の緊張が強い。

胸鎖乳突筋の鎖骨付近の緊張が強い

腹診の結果、肋骨やみぞおち付近に圧痛と緊張が強い。

膝の内側に強い圧痛がある場所がある。

当院での施術

●初診(5月26日)

・鍼施術:太衝、曲泉、三陰交、四讀、次リョウ、胞膏

⇒胸鎖乳突筋、腹部の緊張、横隔膜付近の緊張を緩める目的

 

●2診目(5月29日)・3診目(6月1日)・4診目(6月5日)・5診目(6月9日)・6診目(6月12日)・7診目(6月15日)

初診に同じ

※鍼施術ではその日の体調により使用するツボが多少変更

●7診目(6月22日)~

初診に同じ

自宅でのセルフケア(お灸)を実施
症状の分析と治療の推移

【症状の分析】

逆流性食道炎において問題となるのは肩甲骨下部の脊柱起立筋の緊張、胸鎖乳突筋、みぞおちや肋骨付近の緊張である。

これらの緊張を緩和することで胃の圧迫感が軽減していき、胸やけやゲップが軽減する。

本件の特徴として、散歩やゴルフという動作が引き金になっている。この共通点は膝であり、身体所見にも膝の内側に強い圧痛がある。

この膝の内側に強い圧痛がツボ(鍼をする場所)として用いられる。

【治療の推移】

初回施術直後から喉がスッキリした体感が得られた。その翌日は散歩してもゲップと胸やけは軽減していた。

施術5回目頃には散歩での症状は気にならなくなってきたが、ゴルフをすると発生する症状は変わらず気になっていた。

施術6回目くらいから、セルフケアにお灸を始めたことで症状の軽減ができるようになったので、施術7回目から日にちの間隔をあけるようにした。

施術10回目には、普段に胸やけやゲップになることはなくなったが、ゴルフをするときだけ症状は残った。

今後はセルフケアで自分で管理しながら定期的(2~3週間ごと)にメンテナンスに通院することとした。

※お灸によるセルフケアは治療の経過が良いことから、途中から始めたものであり、セルフケアだけで治療が完結できるものではありません。

ご予約・お問合せをする

その悩みをなんとかしたい方は
今すぐお電話ください!!

ご予約・お問合せの方は
こちらをクリックしてください。

営業時間:9:00~20:00
定休日:木曜・日曜

LINEでは24時間受付中です。

LINEでのご予約・お問合せ
(24時間受付)

下のアイコンをクリックしてください。

※LINEをお持ちでない方はネット予約で承ります。⇒こちら

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せ・ご予約

052-621-1955

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

9:00~20:00
LINEでの予約、フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

木曜・日曜