院長あいさつ

院長 小塚 高文 プロフィール

院長 小塚 高文
資格

鍼灸師

あんま指圧マッサージ師

人生理念・好きな言葉

人生理念:おもしろい

 

好きな言葉:おもしろき こともなき世を おもしろく 

すみなしものは 心なりけり(高杉 晋作)

(解説)その人の心がけ次第で人生はおもしろくできる。

趣味・特技

趣味:津軽三味線、香水作り(認定調香師)

特技:フランス語(DELF B2)

紹介動画
生い立ち

【幼少期】

 愛知県名古屋市緑区生まれ。有松絞りで有名な有松出身。おじいちゃんは絞り職人。小学生から高校生まで地元の山車に囃子方として参加し、地域の行事に積極的に参加して、地元と密接に接する。

 幼少期より自然が大好きで泥まみれでわんぱくに遊ぶ毎日から、小学校・中学校は一転してテレビゲームにあけくれる毎日で、お菓子の食べ過ぎから誰もが認める肥満児に育つ。家族旅行で訪れた北海道に感動して、憧れの地として記憶に刻む。

有松山車祭にて(高校生時代)

【高校時代】

 高校は自由自主自立の精神が根強い愛知県立千種高校に入学。自転車で長距離を走ることが好きで、自由気ままに知らない土地を訪れることに喜びを感じる。

筋力トレーニングと水泳にハマり、肥満児からムキムキ筋肉マンに変身するが、大学受験で再び90キロ超の肥満に返り咲く。

 

【自由な大学時代】

大学進学に際して、幼少期から自然が好きなことと、これからの日本には農業の力が必要だとの想いから東京農業大学へ入学。大学時代はイネとトマトの栽培の研究に力を入れる。

入学と同時にボディービルディングで有名なゴールドジムに入り、過酷なトレーニングを続け、入学から半年で75キロ(20キロ以上減量)まで減量に成功。学生時代は居酒屋『ワタミ』でアルバイト。自分の作った料理で誰かに喜んでもらえるやりがいを感じる。

大学時代アルバイト先ワタミにて

【華々しい銀行員時代】

大学卒業後、日本の食を支える農業に政策融資という形で貢献する政府系金融機関・日本政策金融公庫に就職。初の勤務地は憧れの北海道となる。

仕事では小さな規模の農林水産事業者から大規模な畜産業者や食品企業への融資活動に従事。融資という形で日本国の食を支える素晴らしい仕事に毎日生き生きと働く。

趣味では大好きな雪と戯れるスポーツ、スノーボードに全財産と体力をかける。仕事もプライベートも充実した毎日を過ごす。

 

日本政策金融公庫勤務時代(札幌)

【難病が見つかり波乱の時代】

しかし、順調と思われる人生も数年後に両目に難病が見つかり、日に日に見えづらくなり遂に仕事が続けられなくなる。治療法もないことから人生のどん底を味わう。

そののちに、偶然出会った鍼灸治療により『なんとかなるぞ!』という希望を取り戻す。この経験から自分も症状で苦しむ人々に希望を与えられる存在になりたいと想いで鍼灸師になることを決意する。

 鍼灸の専門学校入学後、旅行で訪れた青森県で耳にした津軽三味線に感動し、小学校のリコーダー以来の楽器になるが津軽三味線を始める。

さらに、趣味の香水やアロマテラピーの勉強のために訪れたフランスの地中海の街ニースに一目ぼれし、フランス語の勉強を始める。2年後にフランス政府認定の資格試験にてレベルB2(仏語検定準1級相当)を取得。

コンサートにて津軽三味線独奏

フランス留学時代のお世話になった家族

エステの学校にて(フランス)

【開業から現在へ】

エステ技術の習得のためのフランス留学を経て、地元の有松にて鍼灸TAKAを開院してからは施術により症状に苦しむ皆様をサポートをする一方、余暇は津軽三味線奏者として演奏を楽しんだり、香水作りをしている。

北海道帯広市の北斗病院にて

【成長をし続ける未来へ】

来院される患者さんをより改善できるよう現在も休日は鍼技術の勉強会やセミナーに参加しております。

さらに、北海道帯広市の北斗病院内で行われている鍼の臨床研究にも参加しております。

この活動は当院の所属する鍼技術のグループ『一般社団法人整動協会』の北海道の協会員が中心に3年間行われている取り組みであり、病院内の入院患者さんや外来の方に鍼施術を行い、治療結果について医師監修のもと、科学的検証を行っています。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

鍼の科学的検証

 

私は勉強を続け、今後も成長し続けます。

経歴
  • 2006年3月 愛知県立千種高等学校卒業
  • 2010年3月 東京農業大学農学部卒業
  • 卒業後、日本政策金融公庫に就職し、農林水産事業者専門に融資する部門に配属。その後、課長代理職として農林水産事業者や食品企業に対して融資活動をする。
  • 数年後、現在医療では治療不能な両目の難病が見つかる。日々、だんだんと今までどおりに仕事ができなくなり人生に失望する。
  • 偶然な出会いで鍼灸を知り、鍼灸治療により絶望の淵から希望を取り戻し、自分自身も鍼灸師になることを決意し、鍼灸学校へ入学。
  • 在学中から東洋医学の勉強会や鍼灸の技術講習会を中心に参加し、活法整体、指圧、アロマテラピー、タイ古式マッサージ、足つぼ健康法など様々な治療技術も習得。
  • 2015年8月 ナードアロマアドバイザー取得
  • 2015年より2年間 調香師・田代はな代氏に師事し、本場フランスの調香技術(香水の作り方)を学ぶ。
  • 2015年より4年間 名古屋市の浪越指圧の継承者・熱田大五郎氏(日本指圧協会愛知県支部長)に師事し、指圧の修行をする。日本指圧協会愛知県支部の副支部長も任される。
  • 2017年 フランスに渡りリンパドレナージュやエステの勉強をしながら、現地で指圧や鍼の治療活動もする。
  • 2018年より東京の一般社団法人整動協会(医師と共同研究をする鍼灸グループ)にて、活法整体と鍼の技術セミナーに参加する
  • 2018年9月恩師の故・辻本孝司氏より『刺さない鍼治療(R)』のディプロムを授かる
  • 2019年6月 に鍼灸TAKAを開院。
  • 2019年12月 健康管理士一般指導員に認定される
  • その後も多数のセミナーや勉強会へ参加。現在に至る。

※厚生労働大臣免許鍼灸師、あんま指圧マッサージ師も取得済

所属・参加団体

一般社団法人 整動協会

 

一般社団法人 愛知県鍼灸マッサージ師会

 

一般社団法人 日本顎関節学会(学術大会参加)

 

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会

ごあいさつ

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。鍼灸TAKA院長、小塚 高文です。

私は大学卒業後、日本政策金融公庫という政府系金融機関に就職しましたが、25歳の時に現在医療では治療不能な両目の難病が見つかり、日々見えずらくなっていき、結果として働けなくなりました。

天職と思っていた職を失い、人生に失望していた時にワラにもすがる気持ちで鍼灸治療を受けたました。その結果、病気が治ったわけではありませんが『なんとかなりそう!』という希望を取り戻すことができました。

そして、不自由な身体でも人生を楽しみたいという活力もわいてきました。この経験をきっかけに鍼灸師の道を選びました。

また、その当時は父が末期がんにより闘病生活をしていました。抗ガン治療の副作用で免疫力が低下し、ガンの苦痛に苦しむ毎日でした。当時の私は鍼灸を学び始めたばかりで、苦しむ父に全く何もしてあげれなく、結果として父の死をただみとることになりました。

鍼灸には西洋医学にはない可能性があるのに、当時の自分は力不足で何もできない悔やみきれない辛い思いをしました。

その後、この悔しい想いと自分が経験した鍼灸の素晴らしさを信じて、4年間様々な治療技術を学びました。

そして、その中でも私にとって最も大切な技術『刺さない鍼治療』を教えてくれた恩師が父と同様に末期がんで亡くなりました。その死をきっかけにその恩師の想い

『刺さない鍼を通じて一人でも多くの人に安心して鍼灸治療を受けていただき、鍼灸の素晴らしさを啓発する』

この想いを引き継ぎました。

これらの経験から、症状で苦しむ多くの人に鍼灸により希望を与えて、笑顔にしたいという想いから鍼灸TAKAを立ち上げました。

そして、私のように病院では『治療法がない』、『原因不明』や『異常なし』と言われて治療に困っている方の多い自律神経に関係する症状を専門にとしています。

自律神経に関係する症状に限らず、病院では『治療法がない』、『原因不明』や『異常なし』と言われて途方に暮れている方の力になりたいという想いで施術しております。

大切にしていること

当院では鍼灸などの治療技術により、辛い症状に毎日苦しみ、どうしたらよいかわからず精神的にも苦しむ方々に『なんとかなりそう!』という希望を取り戻していただき、笑顔になっていただくことを最も大切にしています。

また、一人でも多くの人に鍼灸の素晴らしさを伝えるために、安心して受けれる鍼灸を追求しています。

現状として、鍼灸に対して『鍼は痛そう』『お灸は熱そう』という恐怖心を持つ方は多いです。また、鍼灸を受けた経験がある人で『効果がいまいちわかんない』という声も聞きます。

この現状を払拭して、鍼灸の素晴らしさを伝えるために当院では心地よく受けれる施術で、効果の実感に努めています。

そして、施術全体を通じて患者さんに安心して受けていただけるように、患者さんの話をしっかり聞き、説明と理解を大事にしながら施術を進めていきます。

ご来院をお考えの方へ

当院では施術を通して、患者様に『なんとかなりそう!』という希望を取り戻していただけるよう努めております。

私は難病を経験して、病気の治療法がわからず、今後良くなる見込みもなく、一人で苦しみました。その経験から病気の大小を問わず、先行きの見えない病気の症状に苦しむ事ほど辛いものはないと理解しています。

世の中には、私の病気のように西洋医学では治療法がなく、どういたらよいか困っている患者さんが多くいます。特に、自律神経の乱れによる症状は現代人に多いのにもかかわらず、西洋医学では積極的な治療は少ないです。

 

そこで、私の経験と世の中の現状から当院では自律神経の乱れからくる症状を専門として、鍼灸などの施術を通じてその症状に良い変化を起こし、その変化を患者様自身に実感していただき、『なんとかなりそう!』という希望を取り戻していただくことに努めております。

また、栄養・運動・休養に関する知識を有すること認められた『健康管理士一般指導員』として認定を受けているため、日常生活に関する適切なアドバイスをすることができます。施術以外でも皆様のお役に立てるよう努めてまいります。

辛い症状にお悩みの方は当院にご相談ください。

ご予約・お問合せをする

その悩みをなんとかしたい方は
今すぐお電話ください!!

ご予約・お問合せの方は
こちらをクリックしてください。

営業時間:9:00~19:00
定休日:木曜・日祝

LINE及びメールでは24時間受付中です。

LINEにてご予約・お問合せ希望の方は以下の『友だち追加』をクリックして、自動応答に従ってメッセージを送信してください。

LINEでのご予約・お問合せ
(24時間受付)
友だち追加

最新情報が知りたい方は

お店の最新情報はfacebookやインスタから見ることができますので、是非こちらも『いいね』してください。

特別編:当院のロゴの意味

ここまで読んでいただいた方に特別に当院のロゴの意味をお教えします。

フェニックス(不死鳥)にデフォルメされた鷹(TAKAにかけて)

『何度も蘇るフェニックスのごとく、病気や辛い症状に苦しむ方が負けることなく、蘇る(希望を取り戻す)ことができるように』という想いを込めています。また、私自身も両目に難病を患っていますので、『現実に挫けず、人生に挑戦し続ける』という想いがあります。また、フランス語でPhénixは『無二の逸材』や『第1人者』を意味します。治療家(鍼灸や整体、マッサージなどで治療する人)としてこのような人間になれるようにという想いも込めています。

〇左手に黄金の刺さない鍼

当院のシンボル治療道具『黄金の刺さない鍼』です。

この道具により皆様に希望を与えます。

〇背景は藍色

藍色は地元・名古屋市有松の名産品『有松絞り』の色である藍色をイメージしております。地元有松への想いを込めています。

〇TAKA

なぜローマ字で書いているか?それは当院は日本だけでなく、世界に向けて鍼灸という日本の伝統治療を発信していく覚悟があるからです。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ご予約・お問合せをする

その悩みをなんとかしたい方は
今すぐお電話ください!!

ご予約・お問合せの方は
こちらをクリックしてください。

営業時間:9:00~20:00
定休日:木曜・日曜

LINE及びメールでは24時間受付中です。

LINEにてご予約・お問合せ希望の方は以下の『友だち追加』をクリックして、自動応答に従ってメッセージを送信してください。

LINEでのご予約・お問合せ
(24時間受付)
友だち追加

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せ・ご予約

052-621-1955

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

9:00~20:00
LINEでの予約、フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

木曜・日曜