自律神経を整える日常生活の過ごし方~昼~

前編『超簡単!自律神経を整えるプチアドバイス』で朝の過ごし方をよく理解していただけたと思います。

次は昼の過ごし方についてご紹介します。

ご紹介する内容を参考に自律神経を整えることにお役立てください。

自律神経を整える日常生活の過ごし方~昼~

昼は、私たちの身体の中で交感神経が最も働く時間帯で、最も活動的に身体も頭も働かせることができます。

また、昼は夜の良質な睡眠を準備を始める時間帯でもあります。どのように過ごしたらよいか、以下の3つを参考にしてみてください。

1.昼食も決まった時間に食べる

体内時計のリズムを狂わせないために昼食も決まった時間に食べるとよいです。

朝食から昼食、昼食から夕食までの間隔はできるだけ同じにするとよいです。忙しいからといって、昼食を取らなかったり遅くなったりすると、緊張状態が続き交感神経が高まったままになります。

昼食をとることで、リラックスして副交感神経を高めていき自律神経を整えることが大切です。

昼食の秘訣としては、よく噛んでゆっくり食べることです。その理由はよく噛むことでセロトニンの分泌が高まり、急な血糖値の上昇を防ぎ肥満予防にもなります。

また、腹八分目にすることも大切です。その理由は胃腸内に大量の食物が入ると、血流が胃腸に集中してしまうため、脳への血流が低下します。昼食後に仕事に集中し活動的に過ごすことができなくなります。

腹八分目にするコツとして、野菜(食物繊維)⇒汁物⇒肉・魚・豆(タンパク質)⇒ごはん・パン(糖質)の順番で食べるとよいです。

2.短時間の昼寝をする

昼食をとると、消化吸収のために副交感神経が高まり眠たくなる人もいると思います。13~14時あたりは少しずつ体温も下がってくるので、眠たくなります。

重要なことは熟睡しない程度の昼寝をすることです。コツとしては、12~15時くらいの間に15~30分程度の昼寝です。

逆に30分以上の昼寝をすると就寝モードになってしまい、起きるのが辛くそのあとの仕事や日常生活にも支障きたします。

3.活動的に過ごす

昼食でエネルギーも補給され、適度な昼寝もしたところで身体的にも精神的にも気力に満ちて仕事に集中できる時間帯です。

昼から夕方が最も交感神経が高まりやすい時間帯であり、活動に必要な体内のホルモンも分泌が高まります。そのため記憶力・集中力もたかまるため、仕事・趣味・家事にテキパキ取り組めます。

また、食事からの栄養により身体能力や体温も高まっているため少しきつめの運動も向いています。

ハードに動くことで筋肉が疲労して、その修復のために成長ホルモンも分泌されます。この成長ホルモンは子供にとっては身体を大きくするために働きますが、大人にとっては身体のメンテナンスのために働きます。

いかがでしょうか?

早速今日から取り組んでみてください。とはいえ、なかなかすぐにはお困りの症状の改善にはつながらないものですよね・・・。

症状が辛くて、今すぐ何とかしたいという方は以下をご覧ください。

それでも自律神経の乱れにお困りなら

鍼灸TAKA 院長の小塚 高文です。
あなたのお悩みを解決します!​

日常生活の改善は今困っている症状に対して、即座に効果があるわけではありません。

 

今後、自律神経の乱れから来る症状に苦しまないためには予防策として日常生活を改善することは効果的です。

 

しかし、動悸・息切れ・不眠・めまい・だるさ・食欲不振など様々な症状が出始めて色なら、赤信号の状態です。

 

当院ではそのような自律神経の乱れから来る症状にお悩みの方に専門的に施術をしております。

是非、当院にお任せください。ご興味のある方は以下のリンクから詳細を確認してください。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ご予約・お問合せをする

その悩みをなんとかしたい方は
今すぐお電話ください!!

ご予約・お問合せの方は
こちらをクリックしてください。

営業時間:9:00~20:00
定休日:木曜・日曜

LINEでは24時間受付中です。

LINEでのご予約・お問合せ
(24時間受付)

下のアイコンをクリックしてください。

※LINEをお持ちでない方はネット予約で承ります。⇒こちら

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せ・ご予約

052-621-1955

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

9:00~20:00
LINEでの予約、フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

木曜・日曜